GO! GO! GHOST HUNTERS!

この数か月、途端にブログの更新頻度が激減しております。
何をしとるんやと。
飽きたんかと。

いやはや実は、土地と間取りを鑑定出来る人になろうと勉強をしております。

まだ卍易風水師になる前、たまに
「買った土地をみてくれない?」とか
「家ちょっとみてほしい」とか、そういうご相談がありまして、
どえらい時には「家でポルターガイスト現象が起こっている。」という話を聞いたりと、そんなことがありました。

卍易を習得していない時は、みなさんただ「私がどう思うか・どう感じるか。」ということを聞いてみたいというご希望だったので、住所を聞いて地図を見たり、実際に家の中にお邪魔して何をどうすると良いかという話を、勘で喋るということをしていたんです。

ただ、それを何度か繰り返していくうちに、
例えば、「この家のこの玄関は、どうも門を建てた方がいい気がする。そして門の形はこんな風にした方がいい気がする。」という、自分の中に浮かぶ勘の中に、ルールや理屈がありそうな気がしてきたんです。

なんでか分からんけど、こうした方がいい気がするねん…。
というこの「なんでか分からんけど。」をちゃんと理解したい。
きっと理屈があるはずや!

と思ってたら、その理屈を全部説明してくださる先生に出会いましたー!(歓喜)

こうこうこんな条件の時は、こんな風に対処します。
と教わることが、「あー!やっぱり!わたしがあの時言うた通りの方法や!」って思い出したりして、興奮と感動の連続です。
そんなことまで理屈があったとは…!とこの世とあの世の仕組みにひっくり返りそうになります。

あの世のルールは非常にシンプルです。
シンプルが故に、災いをなす条件が揃ってしまうと、簡単に恐怖のお化け屋敷ができたりします。

引っ越し歴10回はある友人が、これまで住んできた家のほとんどが怖い家だったんです。
怖い家のレベルが本当にホラー映画を超えるレベルの内容だったので、
何故そんなことが起こるのか?という検証を暫くずっと先生と続けてきました。

昨日、全ての謎が解明されたんです。
住んできた過去の家全てを遡り、法務局へ公図を請求したりと、鑑定を重ね、恐怖とワクワクが入り混じるとても刺激的な日々でした。
友人には多大な協力をいただきました。
本当に感謝です。
とってもとってもいい勉強になりました。

目に見えないものは、わからないので不安になります。
理屈で説明できるようになると、それに対処できますので、安心へと変わります。
なんでも理解することが、安心への第一歩ですね。

閲覧注意レベルの本当に怖い話の連続なので、ブログに書くかどうかはちょっと検討中ですが、本当に、「現実は小説より奇なり」の世界でした。

先生との授業はもう暫く続きます。
住んでいる土地、住んでいる家、家の間取り、これらがどんな影響を及ぼすか。

お化けを捕まえるわけじゃないので、ゴーストハンターとはまたちょっと違うのかもしれませんが、
お化けだって怖くない!どうにでもなる!
と更なる視点で、みなさんのお力になることができるように頑張ってまいります!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる